本を購入−心理学・哲学・宗教−

心理学・哲学・宗教

続・入試制度廃止論 -認知心理学基軸-
横山 多枝子 / 著
  • ISBN978-4-88416-268-9
  • A5判 194ページ
  • 2019年5月
定価:1,980円(本体1,800円+税)
5月15日発売の新刊です

―親や教師そして進学塾や予備校の教師が唱えるように言う「勉強したら良い高校や大学へ行ける、そうしたら良い会社に入れて一生幸せに暮らせる」という集団認知システムを信じ、それに従って小さい頃から机にしがみついて勉強してきた。しかし、その子が長じて得たものは外面的優越感という屈折した劣等感だけである。―(本文より)

今や学歴は一生の幸せを自動的に保障してくれるものではないのは周知の事実。
認知心理学を軸に日本の入試制度・教育を考察した1冊。
知的能力だけを子どもたちに求め、学びの目的さえも、受験突破のための知的能力の蓄積にしてしまう、そんな情緒の涵養がおきざりにされた受験のための教育をいますぐに止めて、受験のためではない、生きていくための冷静な判断力を養う教育が必要なのである。
(中略)
自傷、自殺、親殺し、子殺し、理由のない殺人等を引き起こさせる負のエネルギーを子どもたちに蓄積させているものとして、日本の教育制度が大きな一因となっているのであれば、その一因は取り除かれなければならないと、私は考える。教育は、文化そのものであり、そして文化の創設者でもある。未来を背負う子どもたちに、「そんな親ならいらない!」……こんな悲鳴を出させておいて、なにが文化国家か、と私は言いたい。
すべての個性が芽吹き、花を咲かせることができる社会的環境を整えることこそが、平和かつ成熟した社会を築くための人間の英知である。しかし、この英知を育てるのも、また教育であることが、入試制度でがんじがらめの日本が教育的貧困から立ち直れない所以でもある ―[まえがき]より
ページトップへ