本を購入−平和・社会・歴史・教科書−

−平和・社会・歴史・教科書−

差し迫る、 福島原発1号機の倒壊と日本滅亡
差し迫る、 福島原発1号機の倒壊と日本滅亡
元三菱重工 主席技師 森重 晴雄 / 著
定価:1,100円(本体1,000円+税)
福島の原発事故はまだ終わっていない。ますます高まる危険度。
回避できるのに、なぜしないのか?

震度6強で福島原発が倒壊すれば、日本は滅亡。
回避方法を、元原発耐震の専門家が緊急提言!

福島原発の1号機は耐震機能をほとんど失っており、著者の計算では、震度6強の地震で使用済燃料プールめがけて倒壊する恐れが濃厚です。そうなれば、東日本大震災のときを超える大事故となり、日本全土が廃土と化す恐れがあります。いますぐ回避策をとらなければなりません。このことを至急、多くの人に共有していただくために本書を緊急出版しました。

2023年12月中旬発売予定
詳しく見る
改装版 丹後王国物語-丹後は日本のふるさと-
改装版 丹後王国物語-丹後は日本のふるさと-
丹後建国1300年記念事業実行委員会・編
定価:1,320円(本体1,200円+税)
卑弥呼(ヒミコ)は丹後にいた!?
大陸との交易の中心にあった高い文化と、強大な権力。
これらを伝える無数の遺跡。浦島、羽衣など伝説の宝庫。
丹後はまさに日本のふるさとである。

*2013年11月初版『丹後王国物語 -丹後は日本のふるさと-』(ISBN 978-4-88416-225-2)の改装版。内容は同じで価格を改定いたしました。
詳しく見る
憲法どおりの日本をつくる  憲法堂々
憲法どおりの日本をつくる  憲法堂々
長坂 伝八 / 著
定価:3,000円(本体2,727円+税)
自衛隊の海外出動を容認した安倍内閣7.1閣議決定は憲法違反。
これを鋭く告発した長坂訴訟。
注目すべき全資料の出版が実現!!
詳しく見る
若者がセックスしない国、少子化日本の大罪
若者がセックスしない国、少子化日本の大罪
中原 英臣 佐川 峻 / 著
定価:1,320円(本体1,200円+税)
2022年11月20日発売

<政府の無策と日本人気質から少子化対策を考える>

「毎日残業、コンビニ飯で金もない俺が、結婚、子育てする気になるか!」
こうした叫びに医学博士と科学評論家が少子化対策レシピを提言
詳しく見る
素朴で平等な社会のために ―ウィリアム・モリスが語る 労働・芸術・社会・自然
素朴で平等な社会のために ―ウィリアム・モリスが語る 労働・芸術・社会・自然
ウィリアム・モリス / 著  城下真知子/訳
定価:1,980円(本体1,800円+税)
デザイナーとして世に知られているウィリアム・モリスですが、その人生の後半を社会変革に献身したことは、あまり知られていません。工芸職人であり芸術家であるからこそ、すべての人間が地球上で楽しく美しく生きる平等な社会を願ったモリス。その実現をめざして、全国を駆けめぐっておこなった講演の代表的なものを、この本で取り上げました。
詳しく見る
復刻版 二つの祖国の狭間に生きる―長谷川テルの遺児暁子の半生
復刻版 二つの祖国の狭間に生きる―長谷川テルの遺児暁子の半生
長谷川 暁子 / 著
定価:2,200円(本体2,000円+税)
戦中、中国各地で日本軍兵士に対して反戦平和放送をした、エスペランチスト長谷川テル。中国人の夫・劉仁との間に生まれたのが、本書の著者 長谷川暁子(中国名「劉暁嵐」)である。
「烈士遺児」として中国で育てられ「文化大革命」など過酷な動乱の時代を生きぬき、その後日本に渡り日本国籍を得た著者が記した半生。

2012年に同時代社より刊行された『二つの祖国の狭間に生きる』の完全復刻版。
詳しく見る
90通の手紙 ―中国大陸・ビルマから生還した青年兵士―
90通の手紙 ―中国大陸・ビルマから生還した青年兵士―
森田 敏彦 / 編
定価:1,760円(本体1,600円+税)
詳しく見る
管野須賀子と大逆事件
-自由・平等・平和を求めた人びと-
管野須賀子と大逆事件 -自由・平等・平和を求めた人びと-
管野須賀子研究会・編
定価:2,343円(本体2,130円+税)
管野須賀子は大逆罪の刑死者として社会から抹殺された。戦後、弾圧諸法令が廃止され、多くの政治犯が釈放されたが、大逆罪で処刑者の見直しはされなかった。加えて近年まで「妖婦」としてさげすまれてきた。
管野の真実の姿はどうであったか。史実にもとづいて管野を再評価をし、名誉回復をはかる必要があると考え、この本は出版された。
詳しく見る
大阪空襲訴訟は何を残したのか-伝えたい、次世代に-
大阪空襲訴訟は何を残したのか-伝えたい、次世代に-
矢野宏・大前治 著
定価:713円(本体648円+税)
本書は、大阪の空襲被災者が提訴に至るまでを追った『大阪空襲訴訟を知っていますか』、提訴から一審判決までの闘いを記した『空襲被害はなぜ国の責任か』に続く第3弾。
一審判決から最高裁で上告が棄却されるまでの総括編です。
敗訴したとはいえ、この裁判で得たものは何だったのか、 戦時中の国策の問題点を明らかにした判決の内容を詳しく解説します。 再び戦争被害で苦しむ人が生まれないようにという原告の願いをこめた、闘いの記録です。

品切れ・重版予定なし
詳しく見る
小学校低学年・家族・発達障害をもつ子・先生のための 災害に負けない防災ハンドブック
小学校低学年・家族・発達障害をもつ子・先生のための 災害に負けない防災ハンドブック
堀 清和 著
定価:1,320円(本体1,200円+税)
2011年3月11日に東日本大震災が発生。
その中で、「障害を持っているために避難が遅れた」「避難所になじめず車内で夜を明かした」との報道を耳にしました。私は愕然としました。阪神・淡路大震災から何年もたっているのに、また同じようなことが繰り返されているのか、と。そして、誰かが障害児・者の防災に取り組まなければと思った私は、東北大学災害科学国際研究所の研究助成を得る機会に恵まれ、本書の土台となる調査をはじめることとなりました。(あとがきより)

発達障害をもつ子どもたちに理解しやすいよう、認知特性に配慮した教育方法を内容に反映させ作成。豊富なイラストやクイズ、避難マップ作りなど、たのしく学べる工夫がいっぱい。
詳しく見る
ページトップへ