本を購入−その他−

その他

空手を漢字で読み解く -型が現す中国人物伝-
松本 雄司(ゆうし) 著
  • ISBN4-88416-160-2
  • A5判 168ページ
  • 2006年刊
定価:1,885円(本体1,714円+税)
本書は空手の型、その所作にこめられた意味を漢字で読み解く、かつて類例のない著述である。…日々鍛錬を欠かさず、何千何万回と型の練習を積み重ねてきた空手の熟達者にして初めて書き得るものであり、中国古典に対する深い造詣とが結びついたみごとな著書との評価が高い。
《もくじ》

鷺牌の研究
  孟子(前372-前289年)名は軻、字は子與。「孟母断機の教え」「孟
  母三遷の教え」
抜砦大の研究
  韓信(?-前196年)前漢代 臆病者「またくぐりの韓信」
古流壮鎮の研究
  諸葛亮(孔明)(181-234年)「三顧の礼」
征遠鎮の研究
  高仙芝(?-755年)唐代 謀略ずきなタラス河の戦いの敗将
雲手の研究
  李白(701-762年)唐代 唐詩人中第一の酒仙
二十四の研究
  白楽天(白居易)(772-846年)唐代 「長恨歌」をつくった民衆詩人


【著者略歴】
松本 雄司(まつもと ゆうし)
  昭和15年神戸市生まれ。全日本空手道連盟・連合会八段範士。谷派
  糸東流拳法空手道修交会免許状八段教士。2006年逝去。
ページトップへ