本を購入−平和・社会・歴史・教科書−

平和・社会・歴史・教科書

日本語を教えない国日本 -入試問題・安保条約文徹底検証!-
横山多枝子 著
  • ISBN4-88416-141-6
  • A5判 242ページ
  • 2005年刊
定価:2,515円(本体2,286円+税)
この本は、現代国語の試験で苦しめられ、よい点数が取れないために、人生の可能性を狭められたり、夢の道を遮断されたりしたすべての人と、日本の子どもたち全員に贈られる(「まえがき」より)。現代国語の試験問題、公的文章の解析を通し、日本社会の抱える病理・不条理をていねいに紐解く意欲作。
《もくじ》
 
序 章  日本語文章への私的苛立ち

第一部 書き手中心恣意文の実際
 第一章  指示詞の検証と使用指針
 第二章  サルトル翻訳文の指示詞検証
 第三章  文間の相関性 
 第四章  意味論の原則 
 第五章  カタカナ語の乱用 
 第六章  日本式論文の検証

第二部 公的文章から日本社会の病理を紐解く
 第七章  言語は思考するための道具
 第八章  覚醒して日米安全保障条約文を読む  
 第九章  文章作成技術を養わない日本語教育環境
 第十章  高校教科書が教える論文の正体  

終 章  日本語教育の空虚な展望


【著者略歴】
横山 多枝子(よこやま たえこ)
1948年 静岡県三島市生まれ。
1966年 県立高校卒業。
1997年 (結婚26年後)家計サポート・子育て完了。離婚。米国留学。
1999年 ワシントン州Skagit Valley College卒業。
2001年 ユタ州Brigham Young University(言語学)卒業。
2003年 センター試験国語(Ⅰ・Ⅱ)第一問出題文の検証を開始。

著書
『入試制度廃止論』(2002年)
小冊子「論文読解とは推量ゲーム?」(2004年)
「2005年センター試験国語(Ⅰ・Ⅱ)第一問出題文の検証」(2005年)
ページトップへ