スタッフ紹介

本づくりがなにより好きな職人編集者社長 山崎 亮一

アウトドア、とくに釣りが大好き人間。筏のチヌ(黒鯛)釣りは、シーズンの夏から秋にかけては、仕事がいくら忙しくても2週間に1度くらいでかけてしまい、スタッフたちからヒンシュクをかっています。
また藤村富美男の時代からの阪神タイガースファン。阪神が勝てば酒もうまいし、仕事もはかどります。
それに、なによりも、大の憲法9条ファン。世界に誇れる日本国憲法を子々孫々に残したいと願っています。

大学中退後、大阪の小売り書店(兼洋書販売)に8年、地図出版社に4年勤めて、そこが経営不振のため退職。大阪で出版社を探すも、30代半ばの就職は困難。どうしても出版・編集がしたかったので、自分でやることにしました。1977年頃のことです。資金ゼロの出発でした。分割払いの退職金(計90万円くらい)から、給料として月5万円妻に渡してやりくりしてもらいました。

「共同編集社」という名で始めた仕事場は、大阪府枚方市の自宅(関西で文化住宅と呼ばれる2DKのアパート)の3畳の片隅の机。知人への名刺配りからはじめて、印刷の仕事ならチラシ・封筒・文集……、なんでもやりました。その頃の、聞くも涙、語るも涙の物語は数えきれませんが、今日のところはおいといて。その頃はわずかな売上ですが、車で印刷工場や紙屋さんに走って、すべて現金仕入、その仕入に手間賃を足した額をお客からもらう、という単純経理の無借金経営でした。やがて自宅の文化住宅の2階をもう1軒借りて事務所に。この時に、前の地図出版社の同僚だったWさんをスカウトして2人になりました。
大阪市内のビルの1室に事務所を移したのは1982年でした。その頃は、なんでも自分でやれることは自分でやろうと、中古の製版カメラと暗室、中古の手動写植機も入れたものです。
やがて、本来の目的であった書店ルートで本を販売する出版社にするために、「せせらぎ出版」と名を変え、取次口座を「地方小出版流通センター」「大阪屋」「柳原書店」と開きました。「トーハン」「日販」などは零細出版社には条件が厳しすぎて開設できず、「トーハン」はその後2000年に、「日販」は2007年にやっと開設できました。

事実上の最初の出版は、妻の山崎万里著『みんなちがってみんないい』(わが家の自然食・子育て奮闘記)でしたが、全国紙で報道されてよく売れ(といっても著者が講演先などで売った方が多いのですが)現在でもロングセラーで15,000部くらい出ています。
その後も、自費出版でなんとか経営を維持し、市民運動グループなどと協力しながら、“大出版社では出せなくても世に出したい本”を出すことに全力投球してきました。そのために「製作費が安くていい本」を作りたくて、DTPに興味を持ちました。1990年代初頭からMacでなくWindowsで本づくりをしてきた出版社としては、日本でも草分け的存在ではないかと自負しています。そのノウハウを、最近では出版ネッツの講座などで若い編集者に伝えることに力を入れています。また「DTPお役立ち情報」というブログも書き始めましたので、のぞいてみてください。また、編集・印刷・DTP現場で直面する問題を中心に「編集スキルアップ勉強会」を毎月、せせらぎ出版事務所で行っています。

これらのノウハウを活かして、電子本のダウンロード販売も始めました。当初、出版は年間5~6点のペースでしたが、現在では年間10点以上の本を出し、250点を超える出版点数となりました。その分在庫も増え、倉庫(ガレージ)を2つ借りています。資金繰りの苦労は絶えません。でも、男一匹、好きなことを仕事にできているのは最高の幸せ。創業期には家族に経済的な苦労をずいぶんかけました。でも、妻は僕が独立の相談をした時、「お互い、やりたいことを貫けばいいんじゃないの」と言ってくれたので、踏ん切りがついたのです。感謝!
最近、これまで歯をくいしばってがんばってきた積み重ねが大きく実りはじめてきたことを実感します。

日販、トーハンを含む取次ルートが確立し、全国の書店への流通が大きく前進しました。さらに、内容の濃い出版相談が大幅に増え、出版物の社会的反響もぐんと大きくなってきました。出版社としての社会的責任が重くなり、身の引き締まる思いです。
「石の上にも三年(実際は30年近くの積み重ね)や。よっしゃ、これからや。ええ本をもっと出していくでぇ」

最後に「せせらぎ出版」の名前の由来をよく聞かれるので、ひとこと。
うちの出版社は、大出版社が著名な著者と宣伝力にものをいわせて売るのとは別の、地道に積みあげられた市民活動や研究活動、生きる勇気を与えてくれる何かを、本という形にして世に出したい。出版文化の無数の源流の一つとして流れつづけたい。……そんな想いでつけました。

2017年8月記

事務・総務赤松 朋子

せせらぎ出版の販売事務と総務を担当しております、赤松朋子と申します。
ある時、学生時代からの友人である山崎あさ(代表山崎亮一の娘)に声をかけられ、こちらでお手伝いすることになりました。 事務処理や書籍の発送のほか、花を生けたりお茶を入れたり…いろんな事をちょこちょことやっております。
紙・本屋さん・雑貨・喫茶店・もふもふしたモノを好みます。どうぞよろしくお願いいたします。
せせらぎ出版は、大阪城と天神さんの近く、小さなビルの一室です。お気軽にご連絡くださいませ。

2012年1月記

ページトップへ