本を購入−文学・エッセイ・詩歌評論・演劇・絵本−

文学・エッセイ・詩歌評論・演劇・絵本

山頭火の病蹟 -ころり往生、喪失体験、アルコール依存-
人見一彦 著
  • ISBN978-4-88416-238-2
  • 四六判 253ページ
  • 2015年7月
定価:1,890円(本体1,750円+税)
「捨てきれない荷物のおもさまへうしろ」
残された日記を読み解き、俳人・山頭火の生涯と作品を精神病理学の視点から考察する。
〈目次〉

まえがき

第一章「ころり往生」の精神病理
 Ⅰ 句と酒の行乞流転
 Ⅱ 夢遊病者の日記
 Ⅲ 泥酔、自問自答、懺悔
 Ⅳ 山頭火と芭蕉
 Ⅴ 終焉の地四国へ
 Ⅵ ころり往生を念願
 Ⅶ ころり往生に至る精神病理

第二章 自殺未遂の精神病理
 Ⅰ カルモチンによる自殺未遂
 Ⅱ 自殺未遂後の二週間
 Ⅲ 自殺未遂に至る一年半の生活
 Ⅳ 昭和十年という年

第三章 喪失体験の精神病理
 Ⅰ 母親の喪失
 Ⅱ 悪夢
 Ⅲ 故郷

第四章 両価性の精神病理
 Ⅰ 山頭火と妻
 Ⅱ 山頭火と息子

第五章 依存性の精神病理
 Ⅰ 山頭火と同人たち
 Ⅱ 山頭火の心友、緑平
 Ⅲ 山頭火の支え手たち
ページトップへ