本を購入−地域・まちづくり−

地域・まちづくり

どうなる大阪 -「都」になれない都構想-
平松邦夫・著 新聞うずみ火・編
  • ISBN978-4-88416-240-5
  • A5判 40ページ
  • 2015年4月
定価:500円(本体463円+税)
2015年5月17日に、大阪市でいわゆる「都構想」住民投票があります。しかし、その実際の内容に関してはあまりにも知られていません。
3月7日、新聞うずみ火講座で、元大阪市長・平松邦夫氏が「どうなる大阪」と題して講演しました。参加者はたいへんわかりやすかった、と評判でした。
本書は、この講演をブックレットにし、緊急出版しました。わかりやすい漫画も加えました。
「都構想」といいながら、「都」にはなれない。大阪市を解体し5特別区にすることの賛否を問う住民投票。賛成多数だと、解体に680億円かかる。大阪市民の税金が年間2200億円「流出」してしまう……。
「ようわからん」ではすまないこの問題をしっかり考えてみましょう。
もくじ
第1章 大阪市をおもちゃにさせへん
第2章 二重行政のムダって何?
第3章 大阪市つぶすなんてもったいない

立ち読み

電子本のご購入はこちら
ページトップへ