本を購入−福祉・障害者問題−

福祉・障害者問題

高次脳機能障害とともに -制度の谷間から声をあげた10年の軌跡-
NPO法人日本脳外傷友の会・編
  • ISBN978-4-88416-199-6
  • A5判 214ページ
  • 2011年1月
定価:2,057円(本体1,905円+税)
日本脳外傷友の会が設立された2000年、「高次脳機能障害」という障害は、医療関係者や福祉関係者にも知られておらず、そのため従来の障害者制度の枠外に置かれ適切な支援もうけられない状況でした。
この10年間、日本脳外傷友の会は、当事者家族たちのネットワークを築き、高次脳機能障害への理解を拡げ、行政への要求等にもねばり強く取り組んできました。
本書では、高次脳機能障害と向きあってきた当事者・家族・医師・支援者らがこの10年を振り返り、さらに将来にむけての課題について考えます。
21世紀の「共生社会」にむかう、たゆみない努力の足跡です。
目 次

第1章 母は強くたくましく
第2章 お父さんたちのがんばり
第3章 当事者からの声
第4章 さまざまな立場の支援者からみた高次脳機能障害
第5章 社会に支えられて
第6章 ともに手を組んで 他団体からのエール
第7章 今日を明日へつなぐために
ページトップへ