本を購入−福祉・障害者問題−

福祉・障害者問題

あなたの脳も危ない -福祉の谷間からの告発-
頭部外傷や病気による後遺症を持つ若者と家族の会 編
  • ISBN4-88416-148-3
  • A5判 140ページ
  • 2005年刊
定価:1,440円(本体1,333円+税)
脳損傷者の多くが「対象外」として福祉・医療の谷間に取り残されていることを知っていますか。あなたが今日、その谷間に突き落とされたらどうしますか?
《もくじ/執筆者》

はじめに  大久保光人

第1章 福祉後進国ニッポン [福祉・医療の谷間で]
飛行機は来てもヘルパーは来ない町
   -福祉と医療の自治体格差-
   赤松 昭
医者は命だけ助ければそれでいいのか
   -脳に関する医療の過去・現在・未来-
   山口研一郎
えっ、時給がたったの208円?
   -障害者の介護料を考える-
   桑山 雄次

第2章 私たちは植物じゃないんだ [遷延性意識障害者と人権]
一家の長であり、夫であり、父親だった
   -脳出血で倒れた夫の無念と誇り-
   土井 美紀
医療ミスをしたあげく強制退院させた病院
   -もの言えぬ生命に人権の灯を-
   鈴木 和子

第3章 見た目ではわからぬ脳のトラブル
     [高次脳機能障害と障害認定]
裁判に勝ってもお金が入らない?
   -日本初、「高次脳機能障害」を認定させた裁判-
   今井加寿子
30代で隠居しろというの?
   -高次脳機能障害者の就労支援-
   石橋佳世子
誰が償ってくれるの、この悔しさ
   -交通事故被害者の原体験から-
   塩飽 裕美
人生がひっくり返った障害が「軽度」か?
   -高次脳機能障害と自賠責保険後遺障害等級-
   山口 研一郎

10年の活動で見えてきたもの、めざすもの
   大久保光人

【連絡先】
頭部外傷や病気による後遺症を持つ若者と家族の会
〒631-0033 奈良市あやめ池南1-1-14 三青園4階
TEL/FAX(0742)51-7080
(土曜日午後2~5時に電話相談。それ以外はFAXのみ)
http://www.prudentia.net/wakamono/
ページトップへ